大海原をイメージした枯山水庭園


鳩山町 O様邸 造園工事

施工概要

施工内容 土留め、石積み、石据え、植栽、四ツ目垣、金閣寺垣、盛り土、延べ段、移植、処分、植栽、古代灯篭、蹲、砂利敷き、苔張り、グランドカバー
費用 約650万円
施工期間 約6週間

施工にあたって

退職を機に、お客様の長年の夢であった、京都の枯山水庭園を参考にし、作庭依頼がありました。もともとの植木を移植し、一度まっさら状態にして、移植しさらに、新たな松を入れたりもしました。盛り土をするために、もともとの石積みよりも玉石を高く土留めをしました。その上に四ツ目垣をつくり、つげと山茶花の混植をしました。石は、地元埼玉県の秩父の庭石やさんから買い付け厳選したものを据えました。4トン車1台分になります。こちらの庭園はお客様が海もお好きだということで、大海原をイメージしております。その大海原を泳ぐ、クジラ。クジラのおなかの模様を御影石の切石で見立てて作りました。
玉石の延べ段には橋を架けました。ぐるっと庭園をお散歩しながら四季の移ろいを感じられる回遊式庭園にしております。
そして、蹲や鹿威しも凝ったポイントとなっております。
鹿威しの「こーん」という音を共鳴させるため、その土を掘り下げたり、周りに、竹垣を作って反響版とし、音の出方までを試行錯誤しながら作り上げました。
灯篭は古代灯篭にしました。このような庭園には、きれいすぎる新しい灯篭は向かず、苔が生えたような錆びたようなもののほうがしっくりとくるのです。灯篭もあちこち探して、回りました。
袖垣は創作で、金閣寺垣をモチーフに作っています。
こちらの庭園だけでも3種類の垣根を作りました。砂利は白河砂利を使用しています。
グランドカバーはキチジョウソウ、フッキソウ、苔を一部使いました。

ギャラリー

お客様の声

長年夢であった日本庭園を見事に作ってもらい嬉しかったです。四季を感じながら過ごす時間が最高の贅沢であり、人生の楽しみになっています。
またお庭の管理、よろしくお願いします。

担当者の声

このたびはご依頼いただきまして、誠にありがとうございました。
長年の夢であった枯山水のお庭を、作らせていただけたことが、わたくし自身とても勉強になりましたし、自分の自信にもなりました。お客様の夢を実現するお仕事ができ光栄です。また、松のお手入れではお世話になります。末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

その他の事例